新着情報

3/1240代50代の膝の痛みを茗荷谷くに整骨院が解説&アドバイス
3/10現代病!?四十肘・五十肘を茗荷谷くに整骨院が解説&アドバイス
2/26新型コロナウイルス、当院の対策について
12/24年末年始の営業について
10/19くに整骨院の骨盤矯正は、鼡径リンパの通りが良くなる
10/18坐骨神経痛と腰痛や腰の関係性
10/17とにかく強くマッサージして欲しい感じの腰痛
10/16腰痛予防に体幹強化の落とし穴
10/14加齢と並行する体を悪くするもう1つの要素
10/13台風の影響による営業の状況
10/13血流を守る圧迫対策
10/12回復を良くし体の柔軟性向上に血流が大事も落とし穴に気を付けろ!
10/11脊骨の変形による痛みと、モルフォセラピー整体
10/10シンスプリント
10/9外反母趾、膝などの変形関節と痛み
10/8関節に水が溜まるのを注射で無く整体で引かす
10/7プロバレリリーナの三角骨障害へサポート
10/6ぎっくり腰から慢性腰痛まで全ての腰痛に効くテーピング法
10/5腰痛に成らない、腰痛を悪化させない起き上がり方
10/4ぎっくり腰や腰痛を悪化させない座り方の習慣
10/3ぎっくり腰など腰痛に成らない為の寝具
10/2ぎっくり腰は絶対安静or動いた方が良い!?
9/30ぎっくり腰が急に発生する謎!?
9/28肩こりが治ってしまう意外な盲点
9/27足が痛い時に有効な歩き方
9/26腰痛体操での注意☝
9/25モルフォセラピーのアシンメトリ現象
9/24文京区茗荷谷のポキポキさせない整体法/モルフォセラピー
9/23ぎっくり腰などの腰痛改善が早い人と遅い人の違い
9/22痛みや故障、疲労など全ての回復に必要なそもそも力

40代50代の膝の痛みを茗荷谷くに整骨院が解説&アドバイス

なんか膝の具合が良くないぞ!?!?

そんな第1歩目が、40~50代で起きる方が多いです。

なんとなく聞いたことがあるかもしれませんが、

変形性膝関節症という病名が有ります。

40~50代は、まさに変形性膝関節症への第1歩をスタートするタイミングといえます。

40代50代になって、

膝の調子が悪いとか、膝の痛みあある人は是非、お読み下さい。

 

【変形性膝関節症とは】

膝の関節内で衝撃を吸収するクッションのの役割を担当する、

関節軟骨が摩耗されてすり減り、膝の関節が変形するものです。

【 症 状 】

その症状は、程度によって大きく変わります。

初期症状では、何にか気になる違和感や硬い感じがしたりします。

少し症状が進むと、動き出しでの痛みがでたりします。

立ち上がる時や、足の位置を動かした時などの痛みです。

更に、階段の上り下りでの痛み、歩くのもつらい。

最悪となると、足をつくのも痛い、歩けないなど、次第に強い症状が出てきます。

【大事なポイント】

レントゲン画像では、膝関節の変形がかなり進んでいるのに、

あまり痛くないケースもあれば、変形の程度で言えば軽度なのにも関わらず、

激しい痛みを感じる人もいます。

必ずしも変形が痛みの元にはなっていないことが示唆されます。

そして変形が促進すると、関節が硬化して正常な動きが出来なくなったりします。

また痛みで動きが辛くなると、

その結果、動かなくなることで、筋肉も関節も硬化してしまいます。

あまりにも硬化が進むと、仮に手術を行って、変形を治して痛みが取れたとしても、

関節の硬化は改善できずに、

しゃがめないとか日常生活の不便さは残ってしまうことも有ります。

何でもそうですが、悪化しすぎずに初期対応が良いほうが、

良い状態を維持しやすいですし、改善もしやすくなります。

自分で判断が出来なく、どうすれば良いのか悩んでいる方や、

一般的な方法で改善が進まない場合。

オペを進められたけど回避したい場合。

当院にご相談くださいね。

【ワンポイントアドバイス】

そもそも膝は、歩くだけ(平坦な道)であっても、

体重の3倍の負荷がか狩ると言われています。

また立ち上がったり、

しゃがんだりすれば体重の約7~8倍もかかると言われています。

この負担は筋力が弱くなってくると、関節を守る力が減って、

結果、膝の関節に多大な負担が入ります。

なので、膝の筋力が落ちないことは凄く重要です。

しかし膝の筋肉がしっかりしているにも関わらず、

運動をしっかりと行っているにも関わらず、

膝の筋肉の硬化が酷い場合や、痛みが出る場合、

変形が痛みの元になっていないケースが結構あるのです。

この場合、変形性関節症に対処する治療を行っても効果が出ません。

下記の、こんな対応方法が有る!をご覧ください。

 

【こんな対応方法が有る!】

変形が酷い場合、確実に膝周りの筋肉や関節組織は硬化します。

また変形が酷くない場合でも、

膝周りの筋肉や関節組織が硬化している場合も有ります。

単に硬いからといって、マッサージすれば取れんじゃないの!

そのように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

実際に、あまりにも硬化が進んでいると、マッサージで緩むものではありません。

また脳の命令で、膝周りの筋肉や関節組織を硬化させることで、

関節を守ってくれるように、

あえて体の指令で硬化してしまっているケースは多いものです。

その場合も、マッサージや温める処置を行っても、なかなか改善に至りません。

このように従来の柔軟性に戻らないケースで有効なのが、

膝を守る筋肉(=特に大腿四頭筋)を支配している神経(=大腿神経)の流れ。

これが詰まってしまっているケースは非常に多く、

その詰まりは、大腿神経が脊柱(=腰)から、

足に向かう出どころで詰まってしまっている事が多くありますので、

そこを矯正して詰まりを取ってあげることで解消出来ます。

大腿神経は、腰椎の2~4番から発生しますので、

矯正するポイントは、腰椎2・3・4となります。

この神経を通す調整を行い、そのうえで足の老廃物を除去する働きを持つ、

膝窩リンパ節や鼠経リンパ節の通りを良くする調整を行うことで、

急速に硬くなってしまた筋肉や、周辺の組織が緩んできますよ。

それでは今日は、このあたりで終わりにしますね。

いつもご覧いただき本当にありがとうございます。

くに整骨院は、東京都文京区にある茗荷谷駅にあります。

くに整骨院は、モルフォセラピー施術院であり、

バレエ整体を始めスポーツ障害や体の痛みに精通し、

スポーツ選手、バレリーナの難しい訴えを通して、培ったノウハウにて、

一般的な腰痛や首痛、体のメンテナンスまで、筋骨格器系に精通しています。

諦めないで、是非、まずはご相談くださいませ。

【 くに整骨院Youtubeチャンネル】

https://www.youtube.com/channel/UCzrAVPTZ_PUfN0gkhOuroUg

【くに整骨院Instagram】

https://www.instagram.com/kuni_seikotsu/?hl=ja

≪文京区内でよくご来院頂く地域≫

◎本郷地域

西片・本駒込・本郷・湯島

◎小石川地域

大塚・音羽・春日・小石川・後楽

小日向・水道・関口・千石・白山・目白台

 

■文京区周辺の地域

荒川区・北区・新宿区・板橋区・

台東区・千代田区・豊島区

※その他23区

足立区・葛飾区・江戸川区・墨田区

江東区・中央区・港区・品川区

大田区・目黒区・板橋区・渋谷区

世田谷区・杉並区・中野区・練馬区

 

□東京メトロ 丸の内線

池袋・新大塚・茗荷谷・後楽園・本郷三丁目・御茶ノ水