バレエダンサー特有の障害とは?

バレエの特徴として頭の天辺から吊られている状態で
全身を上に引き上げるような基本姿勢・・・

これがスポーツなどと大きく異なるポイントであり、プロになればなる程この姿勢が徹底され、その結果脊柱の生理的彎曲が消し、脊柱の大きな役割の1つである
スプリング機能が弱まり、頸部・腰部などの脊柱に関わる疾病の
発生率が非常に高くなります。

また立ち方にも特徴である、アンディオールがあり、人体の生理的な可動範囲を超えた状態であるこの立ち方をベースにし、1番から6番と称される足のポジションに加え、ルルベ・プリエなどの動作を同時に行ったり、ジャンプや、回転を行いますので、下肢にも非常に大きな負担がかかり、当然の様に下肢の関節障害が多発し、様々な訴えが出てきます。

したがって下肢に関しては、
ありとあらゆる外傷や障害が発生します。

 

バレエダンサーが多く来院する当院にて確認した下肢疾病だけでも・・・

外反母趾・足底筋膜炎・有痛性外脛骨・踵骨骨棘・アキレス腱炎・アキレス腱滑液包炎・距踵関節インピンジメント損傷・長母趾伸筋腱炎・短腓骨筋腱炎・腓骨疲労骨折・中足骨疲労骨折・シンスプリント・膝蓋靱帯炎(ジャンパーズニー)・腸脛靱帯炎(ランナーズニー)・膝蓋骨高位症・動揺関節(ルーズジョイント)・反張膝・鵞足炎・関節水腫・変形性関節症・・・

などと、骨折・打撲・捻挫挫傷などの外傷症例を多く確認し、あげればキリがない程の症例があります。

また姿勢や技術以外の特徴として、筋肉をつけすぎる事で体のパーツが太くなると、ダンサーとしての
価値が下がってしまうケースがしばしばあります。

 

したがって跳躍や難解な姿勢においてのキープを行わなければならないバレエにとって、筋力は必要不可欠なのですが、綺麗な体を保つことはもっと重要です。

激しい運動を繰り返すが、筋肉を肥大してはいけなく、それに耐えうる体を作らなければならない矛盾が故障の引き金になり易い要素をはらんでいると考えられます。

そしてバレエダンサーの場合、外傷・障害が発生した場合に
治療家として、とても困った事があります。

それは“固定を嫌う”事です。治療業界では痛みの発生に対して基本は固定ですが、可動域の全てを使用して踊るバレエでは少しでも可動域を下げてしまう固定は価値が無いのです。 痛くても外してしまうケースが殆どです。

そこで当院は固定を最小限に抑えて故障を治していくには何が必要か、日々研究を進めつつ施術にあたっています。

多くのバレエダンサーのご要望を伺い、当院オリジナルのセルフケアや邪魔にならないテーピングなど多くの提案をしております。

治療のご予約は、お電話かご予約フォームへ ご相談は、ご予約フォームからご連絡ください。
お電話番号 03-5684-4976
ご予約フォームへ
診療時間表

ページトップへ戻る