バレエダンサー特有の障害とは?

バレエの特徴として頭の天辺から吊られている状態で
全身を上に引き上げるような基本姿勢・・・

これがスポーツなどと大きく異るポイントであり、プロになればなる程この姿勢が徹底され、その結果脊柱の生理的彎曲が消し、脊柱の大きな役割の1つである
スプリング機能が弱まり、頸部・腰部などの脊柱に関わる疾病の
発生率が非常に高くなります。

また立ち方にも特徴である、アンディオールがあり、人体の生理的な可動範囲を超えた状態であるこの立ち方をベースにし、1番から6番と称される足のポジションをに加え、ルルベ・プリエなどの動作を同時に行ったり、ジャンプや、回転を行いますので、下肢にも非常に大きな負担がかかり、当然の様に下肢の関節障害が多発し、様々な訴えが出てきます。

したがって下肢に関しては、
ありとあらゆる外傷や障害が発生します。

 

バレエダンサーが多く来院する当院にて確認した下肢疾病だけでも・・・

外反母趾・足底筋膜炎・有痛性外脛骨・踵骨骨棘・アキレス腱炎・アキレス腱滑液包炎・距踵関節インピンジメント損傷・長母趾伸筋腱炎・短腓骨筋腱炎・腓骨疲労骨折・中足骨疲労骨折・シンスプリント・膝蓋靱帯炎(ジャンパーズニー)・腸脛靱帯炎(ランナーズニー)・膝蓋骨高位症・動揺関節(ルーズジョイント)・反張膝・鵞足炎・関節水腫・変形性関節症・・・

などと、骨折・打撲・捻挫挫傷などの外傷症例を多く確認し、あげればキリがない程の症例があります。

また姿勢や技術以外の特徴として、筋肉をつけすぎる事で体のパーツが太くなると、ダンサーとしての
価値が下がってしまうケースがしばしばあります。

 

したがって跳躍や難解な姿勢においてのキープを行わなければならないバレエにとって、筋力は必要不可欠なのですが、綺麗な体を保つことはもっと重要です。

激しい運動を繰り返すが、筋肉を肥大してはいけなく、それに耐えうる体を作らなければならない矛盾が故障の引き金になり易い要素をはらんでいると考えられます。

そしてバレエダンサーの場合、外傷・障害が発生した場合に
治療家として、とても困った事があります。

それは“固定を嫌う”事です。治療業界では痛みの発生に対して基本は固定ですが、可動域の全てを使用して踊るバレエでは少しでも可動域を下げてしまう
固定は価値が無いのです。 痛くても外してしまうケースが殆どです。

当院が施術した患者様は、このような悩みを抱えていました。

 

当院の治療技術

JRC(関節可動回復矯正)
Joint mobility Restore Correctionの略

関節可動を回復させる矯正という意味で、名前の通り、基本的に位置的な矯正を
考えるのでなく、あくまで関節本来の可動、特に関節包内の動を
回復させる事に主眼を置いた矯正方法です。
 
最大のメリットは施術時間がかからずも、効果は従来より大きく出るところです!

急性腰痛や、むち打ち損傷、時に外傷に至るまで、関節疾病に関しては
驚く効果を上げられます。
 
腰や膝・肩・首などの関節にかかわるほとんどの痛みを、このJRC治療で治すことが出来ます。しかも、とても優しい治療なので痛くもありません。

まるで、「ただ触っているだけ」とか「軽く関節を動かしているだけ」と感じる治療方法なのです。しかし効果は絶大で、あっという間に効果がでます。

今までの治療法の問題点を近代医学の理論を通して、新たな発想から試行錯誤のうえ開発した矯正法であり、臨床研究を重ね、その効果が充分確認されたもの
だからなのです。

特に関節が可動するときに、関節の中でので動く小さな動きである『関節包内運動』を改善させてあげることでもとても大きな効果があることがわかったのです。

この包内運動は、関節内の骨の動きなので、多くの腰痛の原因と言われている
仙腸関節と言う骨盤の関節などでは、ほんのmm程度のものなのです。
ですから動かすというより、ただ触っているだけのように感じるのです。

例えて言うなら、機械がさびついているときに全体のさびを考えるのではなく動きを悪くしている原因のつなぎ目のさびをまず取って、動きをよくしてあげることに
集中するわけです。

その原因のつなぎ目(関節)の動きをよくしてあげると、動きの悪かった体中の
関節が次々と動き出し、自ら流れをよくしていくのです。

つまり、人間自身にある治癒力を再始動させてあげるわけです。

ですからJRC治療で治しているのは、つなぎ目のわずかな動きだけですが、
そのことが体全体の流れや治癒力を高める手助けをしてくれるのです。

しかもやさしく安全な治療法であると同時に効果も絶大なのです。

 

レインボー医学療法

古来より伝わる中国医学の基本理論である整体観念・弁証論治を源としています。

この理論を元に日本の小野田順亮先生が開発された、「色の力を利用したレインボーテープ」「形状と鉱物の力を利用したレインボーパワー」と呼ばれる健康器具を、経穴(ツボ)や痛みなどの部位にアプローチする事によって氣や経絡の流れを正し、
自然治癒力を引きだす施術方法です。

非侵襲性(体を傷つけない)で体に優しく、電気や薬も使いませんので、他の療法と併用して施術する事も出来る理想的な療法です。

 

レインボー医学ってどんなもの?

レインボー療法は、古来より伝わる中国医学の基本理念である
「整体観念・弁証論治・陰陽五行説」を源としています。

この理論を元に日本の小野田順亮先生(現:上海中医薬大学付属龍華病院名誉教授)が開発された「色の力を利用したレインボーテープ」「形状と鉱物の力を利用したレインボーパワー」と呼ばれる健康器具を、経穴(ツボ)や症状の部位にアプローチする事によって氣や経絡の流れを正し、自然治癒力を引き出す施術法です。

非侵襲性(体を傷つけない)で体に優しく、電気や薬も使いませんので、
他の療法と併用して施術する事も出来る理想的な療法といえます。

 

氣の流れを整えることで健康に!

人間の体の内部には氣の流れがあり、この氣の流れが悪くなると身体にさまざまな異常が現れたり内臓が病んだりします。

この理論は、西洋医学ではありませんので、科学的な証明はされてはいませんが、アメリカ・西欧では代替医療として、この理論を使った治療が
多く取り入れられています。

一般的に行われている治療の約80%以上は、この代替医療を併せてやっているのが実状のようです。つまり「氣」が何か?は解らなくても存在すること、
効果があることはアメリカ・西欧でも確信されているのです。

では、レインボー療法をやっているかというと、まだごく一部の医療関係者が使用している程度です。これは、レインボー療法が日本で生まれた治療法であり、十数年ほど前に生まれた新しい治療方式であるため、まだ海外で知られていないからです。ですから、知られざる最新の治療方法とも言えます。

東洋医学の権威である中国の先生方も日本で勉強し、
研究している治療法なのです。

中国人が鍼灸を日本に来て勉強することはまずありません。
なぜなら、鍼灸の元が中国だからです。

しかし、レインボー療法は、元が日本なので、勉強が必要なのです。
と言うより、一緒にレインボー療法を育てていると言った方が適切かもしれません。

それだけ、レインボー療法は本物であると中国の専門医が認めてくれている治療方法なのです。日本の医学界でも最近はだんだんと認められるようになってきており、多くの医学部の大学病院の先生達が参加・関係している「予防医学学会」でも
2006年にはこのレインボー療法が発表されています。

 

レインボー療法について

レインボー療法は、東洋医学を応用して、ツボにその流れを良くする色体テープ(レインボーテープ)やαテープ(丸型の色テープ)を貼ったり、氣を送り込むレインボーパワーを使ってその人の弱い流れを強めることで、痛みや症状を取り除く治療法です。

中国古来の自然哲学、陰陽五行説によると人間は五臓六腑を司る流れがあり、
そこを流れる氣が滞ると痛みや症状が現れると言われています。

つまり、どんな病にも氣の流れが関係しているのです。レインボー療法は、東洋医学と西洋医学、そして現代科学の合体により生み出された伝統的で、
また新しい治療法なのです。

 

JRC(関節可動回復矯正)と、レインボー医学療法は相性が最高

JRCは関節矯正なので、関節節・筋系疾患に非常に有効だと実感し、これと併せてもう1つ何か神経系に対するアプローチが出来れば最高と考えていたのですが、まさに、ビンゴな治療方法が、レインボー医学療法だったのです。人間の骨格にて痛むのは、関節・筋肉・神経で殆どが網羅できるのです!!

治療のご予約は、お電話かご予約フォームへ ご相談は、ご予約フォームからご連絡ください。
お電話番号 03-5684-4976
ご予約フォームへ
診療時間表

ページトップへ戻る