10月11日股関節セミナー第三弾

2017年10月1日
☆くに整骨院院長・広江です☆
 
股関節を自分で整えるセミナー。
いよいよ第3弾の最終回。
テーマは、腸腰筋ですちょうようきんちょうようきん
 
バレエダンサーや、
新体操、器械体操、
シンクロナイズドスイミング、
フィギュアスケート、
様々なダンス等で、
必要不可欠な股関節の機能!
 
そして、、、
股関節が上手く動かせない、
股関節の強さが足りない、
ジャンプが苦手、
回るのが苦手、
股関節の柔軟性が足りない。
 
こんな方々に是非、
受講して頂きたい内容です。
 
また、この筋肉は、
バレエに限らず、
運動能力といった面で、
非常に重要な筋肉です!
 
 
 
ジャンプ力や、その時の滞空力、
体幹の安定や、ダイナミックな動き。
運動力が試される様々なシーンで、
腸腰筋は大活躍するのです!
 
陸上の短距離や、
走り高跳び、はしり幅跳びなど、
黒人の選手が活躍するのは、
この腸腰筋が、
おギャーっと産まれた瞬間から、
アジア人と、アフリカ系黒人で、
比較をすると、3倍も違うそうです。
当然、アフリカ系黒人の方が、
アジア人よりも、
3倍の腸腰筋を、
持っているという事です。
 
またこの筋肉は、
大きい筋層が故に、
与える影響力が高く、
また中心部(脊柱)に、
付着する筋肉でもあるので、
体幹軸にも非常に影響を与えます。
 
腸腰筋は影響力のある。
そんな強い筋肉だからこそ、
運動能力にも直結します!
 
そこで腸腰筋の筋収縮の、
左右ギャップを開放し、
同様のバランスに、
セルフケアで導いて行く。
 
その結果、
①ジャンプしやすくなる。
②回転の時の軸が、
  安定しやすい。
③体幹の軸が、
   左右均等になる。
④股関節の可動域を
   アップさせる。
⑤しっかりと床を押せる。
腸腰筋のバランスを保ち、
筋肉の収縮性を同じレベルにする。
 
その事で、上記の①~⑤を、
手に入れてて頂けるのです。
 
以下、セミナーのチラシと、
申込み方法です。
 

〈日時〉
10月11日(水)  10:30~12:00

〈場所〉
茗荷谷

〈持ち物〉
タオルまたはヨガマット、筆記用具
 

ご希望者は、下記のアドレスに、
お名前
お電話番号
「9/13セミナー参加希望」
上記、3つをご記入の上、
ご連絡下さい。
詳細をお送りします。
↓↓↓↓↓
kuni.seminar@gmail.com  

関連記事

    記事はありませんでした

治療のご予約は、お電話かご予約フォームへ ご相談は、ご予約フォームからご連絡ください。
お電話番号 03-5684-4976
ご予約フォームへ
診療時間表

ページトップへ戻る