患者様の声

 

プロダンサーさんの声

湯浅 永麻さん

初めて広江先生に施術していただいた時は、痛みも勿論軽減したのですが、施術した人の性格まで当ててしまわれ驚きました。

身体を診て触れば、どういう傾向かがわかるとの事。

それは、かなりの研究と観察の賜物だと思いますが、心と体はやはり一体で、体の状態を診てさらにその人の性格も診る事で、成される施術は、単にその場で身体の状態を良くするだけではなく、その人の毎日を見越したアドバイスで怪我等を回避する方法を教えてくれます。

また、先生はダンスにとても詳しく、ダンスをしている方特有の問題、改善のメソッドを研究していらっしゃるので、とても実践出来るだけエクササイズも教えて頂きました。

日本に滞在中は、またくに接骨院へ来させて頂きます。

 

15555109_1197564633654882_270327618_n  15424430_1197564636988215_2135864916_n

 

9歳から広島の池本恵美子バレエスタジオにてクラシックバレエを 始める。後に京都の宮城昇氏にも師事。 1999年、モナコ公国クラシックダンスアカデミーに留学、 故マ リカ・ベゾブラゾヴァに師事、主席で卒業。 ドイツのドレスデンバレエ、フランスのニースバレエにて短期間参加 した後、2004年に Nederlands Dans Theater 2 (ユースカンパニー/ NDT2)に入団。 NDT2の3年間の在籍期間終了を待たずして、2年後の2006年に NDT 1 (メインカンパニー) に抜擢昇格される。 イリ・キリアンをはじめ、ウィリアム・フォーサイス、マッツ・エッ ク、オハッド・ナハリン、ライトフット・レオン、クリスタル・パイ ト、ヨハン・インガー、ウェイン・マクグレガー、マルコ・ゴッケ、 ガブリエル・カリッツォ/フランク・シャルティエ(Peeping Tom)、 シャロン・エヤルなど、数々の振付家のレパートリー、または新作に 参加、世界各国で公演する。 2014年にはエック版 Sleeping Beauty にて主役に抜擢され、オー ロラの踊りが高く評価される。 また、毎年NDTダンサーによって振付をされる“SWITCH”公演にて、 2010年よりショートピースを制作。同作品がオランダの劇場に招 待され公演を行う。 2012年に福武教育文化振興財団の創立25周年記念事業の一環 で、岡山県の犬島にて島の景観を生かした野外作品の制作振り付 け、2014年には、世界的有名な弦楽四重奏団、Kronos Quartet か らゲストダンサーとしてのオファーを受け、 “Prelude to a Black Hole”のためのソロを振り付け踊る。 また、世界中から若いダンサーを集めたNDTが主催する夏期講習に て作品を制作するなど、振付にも力を入れている。 現在はフリーになり、イスラエルの新進気鋭の振付家、イダン・ シャラビのグループ、渡辺レイ主催のプロジェクトOptoの公演に参 加、ロイヤルスウェディッシュオペラバレエにて、サシャ・ワルツの “Körper”, エック版 “Juliet and Romeo”のジュリエット役にゲスト出演、 シディ・ラルビ・シャルカウイ率いるEASTMANに加わり、新版オペラ”Les Indes Galantes”に出演、幅広く活動している。 また、2 016年のさいたまトリエンナーレにてアムステルダム在住のピアニ スト向井山朋子が監修するインスタレーション “HOME”にてダン サーとして出演。

 
 

 

 

先生は私の強い味方だと思いました!

東京都 E・Uさま(20代プロダンサーの方)

『バレエやってるの…』
『ふ~ん…』

そんな感じで終始言葉が詰まり、私の痛い足は何も変わることなく、
先生の『様子を見ましょう』の一言で、成果の無いまま…
不安を抱えたまま帰るはめになる…

そんな経験を多くしてきた私にとって、「くに整骨院」は
本当に驚きの連続でした!

また駄目かも…そう思いながらも、「バレエダンサーを診る経験が豊富で、
腕も確かだからきっと良いと思うよ!」そんな友人の言葉を信じて
本当に良かったと実感しています。

整形外科や鍼灸院、整骨院や接骨院、カイロや整体と、ありとあらゆる治療院に伺ったものの、アラベスクをする際の軸足と腰の痛みが取れなかったのに、何を診て下さっているのか私にはよく分かりませんでしたが、
先生が「はいっ、わかりました!」とおっしゃり、治療を進めていただき、
「これで動いてみてもらえる?」と促されたので、
本当に大丈夫かしらって思いながら
怖々とアラベスクをすると…

足を高く上げても軸足に痛みがこなくなり、腰には突っ張り感が残るものの
痛くはなく違和感に変わっていたのです!

あと微調整をしますと言われ、スプリットの状態で先生がストレッチをし、
「もう1度アラベスクしてみて!」と言われ、やってみると完全に何も感じなくなり、
私が困っていて出来なかったアラベスクが何の痛みも違和感も無く
久しぶりに出来たのです。もう本当に嬉しくって感謝感激です!!

治療をしながら、痛みの発生原因や、自分で出来るストレッチ・筋トレなどの
ケアも教えて下さり、先生は私の強い味方だと確信しました!

これからも宜しくお願いしますね!!

 

夢にまで見たアンディオールが出来たのです!

東京都 M・Kさま(20代主婦の方)

子供の頃からやってみたかったバレエ。

親の反対で出来ずに、子育てが一段落して
自分の時間を持てる今だからこそ再チャレンジしたい!

そう決意して始めたバレエですが、現実の壁に打ちのめされました…

アンディオールが全然出来ないのです…

でも、簡単に諦めたくなく、良いと評判の治療院を聞きつけては何度か行きましたが、その歳からバレエは無理だと言われてしまう事が殆どで、治療をしてもらっても結局はアンディオールが出来ないまま諦めかけていた時にスタジオの仲間に紹介されたのが、「くに整骨院」でした。

まずバレエをやる事に理解をして貰い、それだけでも嬉しかったのですが、
1回の治療で今までの2倍くらいの動きが出来るようになったのです。

これならいけるかもと感じ、180度のアンディオールが出来るようになりますか?と、今までは口が裂けても言えなかった様な質問をしてしまっている
私がいました。。。

無理かな~って思っていると、可能な限り近づける様にお手伝いしますよ
と軽く言われ、少し拍子抜けしましたが、とても嬉しかった事を
今でも鮮明に覚えています。

ただし、身体に負担をかけたくないので時間をかけて少しずつ行うために、
治療の回数はかかることと、自分で出来るエクササイズを指導するから
自己努力も必要です。この2点を先生には言われました。

が、これまでの経緯を考えると、希望があること事態が嬉しくって
この先生の指導なら頑張れると思い、渡されたメニューを頑張る日々。

3ヶ月くらいで自分が夢にまでみたアンディオールができたのです!!

もう嬉しくて嬉しくて、本当に「くに整骨院」にかかって、バレエをする
夢を追える自分を手に入れられた事に感謝の念が止みません。

これからも頼もしいサポーターでいて下さいね!

 

無事コンクールに間に合いました。

千葉県 Y・Sさん(10代学生の方)

コンクールの本選に通り、やる気満々だったのですが、躍り込みをしなくてはいけない時期に、ジャンプの踏み込みと着地する時の痛みが足のすねに出てしまい、レッスンに支障があり無理をして続けていたらジャンプだけでなく、グラン・プリエも痛くなり、最後はプリエも痛くなり、どうして良いのか解からなくなって地元の病院や、接骨院、鍼灸院など様々な所にいったけど痛みが取れずに、レッスンが思うようにいかなくて、パニックになってしまいました。

そんな時、スタジオの先輩に、私の行っている整骨院は凄くいいよ。と、薦めて貰って、結構遠かったのですが、どうにかしたくて「くに整骨院」に行きました。初日で、ずっと悩んでいた痛みが無くなって凄く驚きました。

自分の筋肉のバランスが悪く、レッスンをすると元の症状に戻ってしまうと指摘され、最初のうちは症状や痛みが確かに戻っていたのですが、それを最小限にする為のケアの仕方や筋トレの仕方なども指導して貰い、レッスンを行いながらの通院と、指導された自分のケアで、無事にコンクールに間に合いました。

一時期はコンクール出場自体が無理かと考えていたのに、本番で思い切り踊り切れて本当に良かったです。 先生には、筋トレを続けるように言われているので、油断しないで踊れる体をしっかりと作っていきますので、
今後もよろしくお願い致します。

 

この先生はハンドパワーが使えるのではないか・・・

東京都 M・Fさん(10代学生の方)

私は中学生からダンス部に入ってモダンダンスを始めました。

もともとはクラシックバレエを習っていましたが、使う筋肉の違いや
練習量の増加により股関節を負傷する事が多かったのです。

高校生になってからは、「持病だから」と諦め、
「今後この股関節の痛みとどう付き合っていくか」
という事ばかり考えていました。

でも大学生になって、くに整骨院へ行ってみて驚きました。

治療の時、先生はあまり機能しない私の足を少し動かしただけで、
「さっきよりずっと軽くなったでしょ?」と言って、
本当に動きを良くして下さったからです。

初めて先生に出会った時は、
「この先生はハンドパワーが使えるのではないか…」
と思った位でした。

そして、それだけでなく、私の持病だと思っていた股関節は、骨盤の歪みや機能の低下、腹筋の弱さが原因だという理論的な説明もして下さいました。

この股関節が持病で無いと気がついてからは、もっともっとダンスに
前向きな気持ちで、ぶつかろうと思っています。

まずは腹筋を鍛えて先生のお世話に成らないようにします!

でも腹筋が負けてしまった時は宜しくお願いします!

 

治療のご予約は、お電話かご予約フォームへ ご相談は、ご予約フォームからご連絡ください。
お電話番号 03-5684-4976
ご予約フォームへ
診療時間表

ページトップへ戻る